Menu

自動運転の可能性

私達の世界は、果たして自動運転を必要としているのでしょうか。

いま、自動車の世界は、100年に一度の変革期にあるとも言われています。

今後、 モビリティは社会にどのような影響を与えることになるのでしょうか。

乗用車以外のトラックなどでも同じように求められています。

ルノー、日産自動車、ウェイモは、現在、 ドライバーレス・モビリティサービスに関しての独占契約を締結しています。まさに、ここには、 ドライバーレス・モビリティサービス事業に対しての限りない可能性を感じさせてくれます。

しかし、実際にそのような記事に私達が触れることがあっても、その内容をしっかり理解することは難しいことです。果たして、自動車業界では、いま何が起きているのでしょうか。

自動車メーカーの思惑

いま、私達の世界は自動運転としっかり向き合っていると言います。しかし、自動運転は、完全自動運転システムということだけではなく、基本的には人が運転し、自動運転が手助けをしてくれるものなど様々あります。

ドライバーレスというのは、完全自動運転の姿であり、私達が最終的に求めているものです。しかし、はっきりと言いますが、完全自動運転なんて可能なのでしょうか。
実際に実現することができるかもしれませんが、まだまだ遠い未来
の話しであり、様々な課題を今後乗り越えていかなければならないでしょう。

ドライバーレスのメリット

では、自動運転でドライバーレスが実現すれば、何がいいのでしょうか。

タクシー会社、バス会社、運送会社、様々な企業で悩んでいるのは、深刻な人材不足の問題です。足りない人手を補わなければならないから、人件費もどんどん嵩んでしまうむことになりますし、それではなかなか企業は、利益の確保をすることができません。

実際に、自動運転の価格の問題も大きく関わってくることになりますが、タクシー会社、バス会社、運送会社などが現在抱えている問題を、自動運転が一気に解決してくれることになります。

自動運転の世界

自動運転の世界は、すぐに側に来ています。しかし自動運転の世界は、事故という壁を見事乗り越えることができるのでしょうか。

実際に自動運転は、まだまだ改善されなければならないことがあります。

時速36マイルが一番難しい

自動車運転では、時速36マイルが一番事故率が高いとも言われています。 時速25キロ以下程度の運転であれば、 十分に低速することができますよね。

当然、スピードがスローなので実際に交通事故が起きてしまっても、事故は、それ程大きくならないで済ますことができます。

急停車ができないぐらいのスピードで自動車が走っているとき、歩行者や自転車が突然目の前に姿を見せる事態が一番交通事故の確率の高いシーンです。

自動運転の事故はなくすことができないのか

ひょっとしたら、自動運転というものの、交通事故のリスクをゼロ%にするというのは、夢の話しなのかもしれません。

人間が、事故の確率が高い場所では、自動運転でも、当然のように、事故の確率が高いということができるかもしれません。

そのことをしっかり把握することができれば、それが、自動運転の幕開けの時なのかもしれません。

その自動運転の事故の確率を再び、ドライバーたちが注意して、最小レベルにまで留めるしか方法はないでしょう。

それでも時代は自動運転を求めているのではないでしょうか。

まだまだ、自動運転は、開発途上であり、研究次第では、事故の確率を低減させることができるでしょう。

そして、自動運転は、人間が運転をするよりも安全だと言われる日はそれ程遠くはないのかもしれません。

自動運転に何を求めているのか

私達は、自動運転に一体何を求めているのでしょうか。私達は、未来に対して、本気で事故ゼロ%の世界を求めているのでしょうか。

それはタテマエであり、新しい発明によって、街がいきいきと活気付けばそれで良しとしているのでしょうか。

自動運転で、交通事故はなくならないかもしれません。

しかし、人間が運転するよりも確実に自動運転は、交通事故を減らす手段です。

新着記事