Menu

自動車・自動運転・autonomouscarの発進

自動運転・autonomouscarがまともに発進するまで、まだまだ自動車メーカーはいろいろな問題を解決していかなければならないでしょう。

自動運転・autonomouscarは、自動運転システムをハッキングされてしまうかもという問題も考える必要があります。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう

自動運転システムをハッキング

自動運転・autonomouscarの開発によって、自動運転システムをハッキングの危機を迎えてしまうことになれば、盗難されてしまう確率も出てきてしまうでしょう。

自動運転・autonomouscarのシステムとは、まさに、コンピューターの力で自動車を動かすことです。

人の手を必要としないものが自動運転・autonomouscarという言い方をすることができれば、自動運転・autonomouscarは、人間が乗っていないでも、自動車を動かすことができてしまうのです。

よって、今後、自動運転・autonomouscarは、遠隔操作によるクルマの盗難という問題も真剣に考えていかなければならないでしょう。

プロの盗難集団は、当然、そのようなシステムの盲点をかいくぐってくるでしょう。自動運転・autonomouscarのりシステムがハッキングされてしまえば、自動車なんて、簡単に盗難出来てしまうと思いますよ。

現在の自動車の盗難率よりも俄然パーセンテージは高くなってしまうかもしれません。

果たして、自動運転・autonomouscarのメーカーは、そのような危機の責任をどう取ることができるというのでしょうか。

自動運転・autonomouscarのメーカーは、当然のことですが、セキュリティ全般もシステムで管理し、
セキュリティーシステムは万全と主張するでしょう。

しかし、そんなのはイタチごっこという感じもしてしまうのです。

武器になってしまうかも

また、自動運転・autonomouscarのデメリット要素として、このような問題も考える必要があります。

ハッキングにより、プログラムを改造された自動運転・autonomouscarによっては大変危険な目に遭遇してしまうかもしれません。

自動運転・autonomouscarが、自爆テロという利用されてしまった場合、確実にいま以上、深刻な被害を招き、起こる確率も高くなってしまうでしょう。

とにかく自動運転・autonomouscarは、無人状態で、自動車を走行させることができる方法なのですから。

果たして、自動運転・autonomouscarのメーカーが、自動運転・autonomouscarによってもたらされるこのような危機についてどう想定・対策しているのでしょうか。

新着記事