Menu

自動車は自動運転・autonomouscarの時代に突入した

自動車は、自動運転の時代に突入することができるのでしょうか。果たして、自動運転の世界で、私達は、自動車事故のリスクを回避することができるのでしょうか。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう

自動運転の事故

自動運転・autonomouscarでも時々事故の報道が流れてきます。果たして、そのような自動運転の事故が起きれば、どんどん自動運転の時代が遠のいてしまうのでしょうか。

それでも自動運転の時代に突入するのでしょうか。

そもそも、自動車事故の確率をゼロにすることなんて不可能なのです……。

いまでも交通事故は、必ず起きている訳ですし、それでも、自動車をなくすことができないのが「人間社会」なのでは。

自動運転車が初の死亡事故

そして。自動運転車が初の死亡事故を起こしたということです。
テスラが2016年に一度事故を起こしてしまったことがありますが、 その場合、責任は運転手の方にも存在している、レベル2(または3)程度の自動運転・autonomouscarであって、自動車は何度も、ハンドルを握るようにという【警告】を出していたと言います。

それを無視してしまったのですから、人間の責任であり、人間が事故を起こすのなら、自動車の世界では、極々当たり前のことです。

人間が事故を起こしたから良かったという方程式もどこかおかしい感じはありますが、いま、まさに自動運転の時代に突入しなければならないから仕方ないのです。

自動運転が目指しているは、事故率ゼロの世界

自動運転が目指しているは、事故率ゼロの世界です。

しかし、自動運転・autonomouscarも事故を繰り返してしまうことに。

今回の自動運転の事故は、レベル4の全自動運転のテスト中だったということです。もうここにはなんの言い訳もすることができないでしょう。

まさに、誰が現在一番ショックなのかと言えば、自動運転・autonomouscarの自動車を設計して人たちです。

そして、 今回の事故原因が解明されるまで、 公道でのテスト走行を見合わせるということです。

まだまだ、自動運転・autonomouscarは開発途上であり、事故が起きれば、原因は確実に究明される必要があります。

自動運転の事故の原因

自動運転の事故の原因は究明されなければならないのです。現在、事故当時のビデオが公開されていますが、そのビデオを見て言えることは、死亡した被害者が、横断歩道のない場所を、上半身は真っ黒な服を着て自転車で横切るという光景であり、もしも人間が自動車を運転していても、その交通事故はとうてい避けることができなかったでしょう。

被害者に対して、いろいろな状況を想定することができますが、結局、言えることは、自動運転が決して避けることができない交通事故は存在しているということでは。

新着記事