Menu

トヨタ自動車電気自動車・electriccarの動向

日本では、日産のリーフが電気自動車・electriccarの代表ですが、 日産自動車は、果たして、そのリーダーとしての役割をしっかり担ってくれるのでしょうか。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう

日本の電気自動車・electriccarの動向

トヨタ自動車も、現在、電気自動車・electriccarに対しての開発にもそうとう力量を注いでいると言います。

まだまだ、トヨタ自動車が日本の電気自動車・electriccarのリーダーシップをとることも予測することができます。

また、マツダは世界ではじめての圧縮着火を実用化。次世代エンジン「SKYACTIV-X」を発表し、レベルの高いガソリンエンジンを目指していくことになります。

実際のところ電気自動車・electriccarはどうなのか

実際に電気自動車・electriccarがどうなのかまだまだわからないという人たちが多いのではないでしょうか。

まだまだ電気自動車・electriccarの性能は、ガソリン自動車に及ばないという声も聞くことができます。

ガソリンの自動車の場合、燃費20km/Lとし、走行距離800kmを実現することができます。

リーフは、 走行距離280kmです。この程度の電気自動車・electriccarでは、いちいち充電について心配する必要があり、面倒くさいと言えば面倒くさいですよね。

でも、今後、コストという視点に立てば、電気自動車・electriccarの方に大きなメリットがあるという見方もすることができます。

ガソリン自動車の場合、ガソリン価格130円/L、6.5円/kmです。

電気自動車・electriccarは、 電気代は30円/kWh程度で済ますことができます。

リーフの大容量モデルは30kWhバッテリーだから、 80%の充電としても720円、2.6円/kmということになります。

現在、10万kmまでメーカーによりバッテリー無料交換のケースも多くあり、充電料金が無料サービスが提供されていることもあり、電気自動車・electriccarは、コスト的には相当有利さはあります。

実際にコストからすれば、電気自動車・electriccarに大きなメリットがあり、やっぱり電気自動車・electriccarの方向性にこのまま日本は進んで問題ないと考えるでしょう。

しかし、実際にスムーズに行かない程、電気自動車・electriccarには、大きな課題があり、ハードルも高いということができます。

充電の問題

電気自動車・electriccarが果たして、どのような課題と今後向きあっていかなければならないかといえば、「充電」の問題なのです。

電気自動車・electriccarの充電は6万W(200V・300A)の充電する設備が必要であり、それはドライヤー60個に相当します。

充電する設備が足りないならコンビニでと思うのかもしれませんが、果たしてそんなに簡単にいくものなのでしょうか。

新着記事